ハルトラノオ(読み)はるとらのお

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハルトラノオ
はるとらのお / 春虎尾
[学]Polygonum tenuicaule Biss. et Moore.

タデ科の多年草。地下茎は長くはって肥厚し、先に数枚の葉が束になってつく。葉は長柄があり、卵状長楕円(ちょうだえん)形で長さ3~8センチメートル、先端はとがり、基部はくさび形で柄に沿下する。早春、7~15センチメートルの花茎を直立し、先端に長さ約3センチメートルの穂状花序をつくり、多数の白色花を密生する。痩果(そうか)は広楕円形で褐色。山地の日陰に生え、本州から九州に分布する。名は、花形をトラノオ(ゴマノハグサ科)に見立て、春に咲くトラノオの意味。また早春に開花するので、いろは四十七文字の最初の意味でイロハソウともいう。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハルトラノオの言及

【イブキトラノオ】より

…和名のトラノオは,その細長い花穂を〈虎の尾〉にみたてたもので,滋賀県伊吹山に多いのでこの名がある。近縁種にハルトラノオP.tenuicaule Bisset et Moore(イラスト),クリンユキフデP.suffultum Maxim.(イラスト)がある。【土屋 和三】。…

※「ハルトラノオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android