ハンス・アドルフ クレブス(英語表記)Hans Adolf Krebs

20世紀西洋人名事典の解説

ハンス・アドルフ クレブス
Hans Adolf Krebs


1900.8.25 - 1981.11.22
英国の生化学者。
元・オックスフォード大学教授。
ドイツのヒルデスハイム生まれ。
ゲッティンゲンフライブルク、ミュンヘン、ケンブリッジなどの大学で学び、O.H.ワールブルクに師事し、呼吸酵素の研究に従事する。フライブルク大学では1932年にほ乳類などで尿素形成の回路的経路「オルニチン回路」を発見。また、シェフィールド大学では体内で糖が酸化的に分解してエネルギーを発生するTCA回路いわゆる「クレブス回路」を発見した。この研究によって、’53年にリップマンとともにノーベル生理医学賞を受賞した。’54年からはオックスフォード大学教授となり、’58年にサーの称号を得た。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android