ハンターバレー(英語表記)Hunter Valley

デジタル大辞泉の解説

ハンター‐バレー(Hunter Valley)

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州東部のハンター川とその支流が流れる、ゆるやかな丘陵地帯。シドニーの北約160キロメートルに位置する。主な都市はニューカッスル。石炭を豊富に産する。酪農や牧畜が盛んな農業地帯であり、同国屈指のワインの名産地としても知られる。ハンターバリー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ハンターバレー【ハンターバレー】
Hunter Valley

オーストラリア最大の都市シドニーの北西約160kmに位置する、同国を代表するワインの名産地。一帯は、なだらかな丘陵(きゅうりょう)地帯にぶどう畑が広がっていて、70ほどのワイナリーが点在している。多くのワイナリーでは、ワインのテイスティング(試飲)ができ、なかにはワイン工場を見学できるところもある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android