コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンブルク・システム Hamburger system

世界大百科事典 第2版の解説

ハンブルク・システム【Hamburger system】

ドイツのハンブルク市で18世紀後半にはじめられた救貧組織。当時ハンブルク市はドイツ北西部の大商業都市であったが,多数の失業者・貧困者が存在していた。そこで市当局はこれらを救済するために市域を区分し,それぞれの地域に監督官を配置,貧困者の調査を行わせるとともに適正な救済を通じ自助を援助した。1852年ドイツのエルバーフェルト市は,この組織を修正発展させた救貧組織を採用した。このため両者を一括してハンブルク=エルバーフェルト制度とも呼ばれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ハンブルク・システムの関連キーワード指紋

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android