ハーケンクロイツ(読み)はーけんくろいつ

知恵蔵miniの解説

ハーケンクロイツ

古代よりアジアや西洋で用いられてきた図形「鉤(かぎ)十字」のドイツ語名。特にナチス・ドイツにより用いられた鉤十字のこと。鉤十字は日本では(まんじ)と呼ばれており、鉤型の先端が左を向いている「左まんじ」だが、ヒトラーによりドイツで結党された国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)で、逆向きの「右まんじ」が党章として採用された。1935~45年にはドイツ国旗にも用いられており、ナチス・ドイツの紋章として世界的に知られている。

(2015-8-24)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ハーケンクロイツ

〘名〙 (Hakenkreuz) ナチスドイツの党章。で表わす。ヒトラーによってナチスドイツの国旗に採用された。鉤十字。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

ハーケンクロイツ
Hakenkreuz

ナチスののかぎ十字「
サンスクリット語でスワスチカといい,アーリア人種のしるし。ヨーロッパでは反ユダヤ主義組織の旗印となり,ナチスが採用した。ナチス党旗は赤地(社会主義を表す)の中に白い円(民族主義)を入れ,その中に黒のかぎ十字を描いている。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ハーケンクロイツ(〈ドイツ〉Hakenkreuz)

鉤(かぎ)十字。卍(まんじ)と同起源であるが、右鉤で、右まんじとも呼ばれる。ドイツ、ナチスの党章に用いられ、1935~1945年には、ドイツの国旗としても使われた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハーケンクロイツの言及

【十字】より

…古代では正十字に次いで最も広く用いられ,右旋と左旋があり,右旋は白魔術,吉祥,進行など,左旋は黒魔術,降魔,退行などを意味する。なお,鉤十字の一種でよく知られたものにナチスの標章ハーケンクロイツHakenkreuzがある(図)。 このように十字は太陽,月,星,空,水,火,風,大地,雷電,生命の樹,豊饒,破壊と創造,復活と救済,吉祥,繁栄,超越,中心,統合などの象徴として古代から最も広く用いられてきた図形であり,方向性と中心を示すことによって,混沌から秩序を生みだす機能をもつものと考えられる。…

【卍】より

… 世界各地の万字文を挙げると,ギリシアにおいてはアテナイのディピュロン出土の前8世紀ころの壺にギリシア雷文の一つとしてあらわれ,のちに絵画や建築装飾,服飾など広く用いられた。また,ナチスの標章として有名なハーケンクロイツHakenkreuzは鉤十字の一種で,右万字である。中国では卍は仏書にある万の字の代りとして用いられ,仏の胸上の吉祥万徳の印であった。…

※「ハーケンクロイツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android