ハードル競走(読み)はーどるきょうそう(英語表記)hurdle race

翻訳|hurdle race

日本大百科全書(ニッポニカ)「ハードル競走」の解説

ハードル競走
はーどるきょうそう
hurdle race

陸上競技のトラック種目の一つ。トラック内に置かれた10台のハードルを跳び越え、タイムを争う。オリンピックでは男子が110メートルハードルと400メートルハードル、女子は100メートルハードル、400メートルハードルの各2種目が行われる。ハードルの高さは男子110メートルが106.7センチメートル、同400メートルが91.4センチメートル、女子100メートルが83.8センチメートル、同400メートルが76.2センチメートル。

 ハードル間の距離は各種目とも一定しており、距離が長い種目ほど間隔は広く、高さは低くなっている。オリンピックでは、男子の110メートルハードルが1896年のアテネ大会から、400メートルハードルは1900年のパリ大会から正式種目となった。女子は、1932年のロサンゼルス大会から1968年のメキシコ大会までは80メートルハードルで行われ、日本では依田郁子(よだいくこ)(1938―1983)が1964年(昭和39)の東京大会で5位に入賞した。しかし女性の体力向上に伴い、1972年のミュンヘン大会からは100メートルハードルに変更され、1984年のロサンゼルス大会からは男子同様400メートルハードルも加わって2種目となった。いずれの種目も各人の決められたレーン内を走るが、次の場合は失格となる。

 (1)足または脚がハードルの外側にはみ出てバーの高さより低い位置を通ったとき。(2)わざと手または足でハードルを倒したと審判長が判断した場合。

 わざとでなければハードルを何台倒しても失格とはならない。しかし、通常ハードルを倒せばその分タイムロスがあり、不利である。

 400メートルハードルは、ハードル間(インターバル)の歩数の関係で踏切足が左右逆転するときもあり、スピードに加えてどちらの踏切足でもハードリングをこなせる器用さが必要とされる。男子では、オリンピックの1976年モントリオール大会と1984年ロサンゼルス大会で優勝(1980年モスクワ大会はボイコットのため不参加)したエドウィン・モーゼスEdwin Moses(アメリカ。1955― )が、同種目で107連勝(予選を含めると122連勝)という驚異的な連勝記録を樹立し「ハードルの神様」といわれた。2020年1月時点での世界記録は、男子110メートルハードルがアリエス・メリットAries Merritt(アメリカ。1985― )の12秒80(2012年)、男子400メートルハードルはケビン・ヤングKevin Young(アメリカ。1966― )の46秒78(1992年)、女子100メートルハードルはケンドラ・ハリソンKendra Harrison(アメリカ。1992― )の12秒20(2016年)、女子400メートルハードルはダリラ・ムハンマドDalilah Muhammad(アメリカ。1990― )の52秒16(2019年)である。

[加藤博夫・中西利夫 2020年2月17日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「ハードル競走」の解説

ハードル‐きょうそう〔‐キヤウソウ〕【ハードル競走】

陸上競技の種目の一。一定の距離に一定の間隔で10個のハードルを置き、それを飛び越えて速さを競う競走。ハードルの高さと疾走距離によって、オリンピックでは男女4種目がある。障害競走。ハードルレース。
[補説](2021年3月現在)
▽男子110メートル
世界記録:12秒80(2012年9月7日 アリエス=メリット 米国)
日本記録:13秒25(2019年8月17日 高山峻野(しゅんや))
▽男子400メートル
世界記録:46秒78(1992年8月6日 ケビン=ヤング 米国)
日本記録:47秒89(2001年8月10日 為末大)
▽女子100メートル
世界記録:12秒20(2016年7月22日 ケンドラ=ハリソン 米国)
日本記録:12秒97(2019年9月1日 寺田明日香(あすか))
▽女子400メートル
世界記録:52秒20(2019年7月28日 ダリラ=ムハンマド 米国)
日本記録:55秒34(2011年6月26日 久保倉里美)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ハードル競走」の解説

ハードル競走
ハードルきょうそう
hurdling

陸上競技のトラック種目の一つで,一定の間隔に配置された 10個のハードルを跳び越えながら走り,速さを競う。男子は 110m,400m,女子は 100m,400mがある。ハードルは長さ 1.18~1.2m,幅 7cm,厚さ1~2.5cmの横木を金属製の台に固定したもので,黒と白で塗装されている。高さは男子 110mの場合は 106.7cm,400mは 91.4cm,女子 100mは 84cm,400mは 76.2cmとなっている。競技はセパレートコースで行なわれ,ハードルを倒しても失格とはならないが,身体の一部が横木から出た場合は失格となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ハードル競走」の解説

ハードル‐きょうそう ‥キャウソウ【ハードル競走】

〙 陸上競技で、トラック上に配置された一〇個のハードルをとび越えて速さを競う競技種目。オリンピック種目では男子には一一〇メートル高障害、四〇〇メートル低障害、女子には一〇〇メートル障害、四〇〇メートル障害がある。このほか、男子種目にはハードル以外に水濠が設けられる三〇〇〇メートル障害がある。ハードルレース。ハードル。障害競走。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のハードル競走の言及

【陸上競技】より

…同一選手が2度不正出発したときは失格となる。種目としては,競走競技,ハードル競走,障害物競走,リレー競走がある。トラックは通常1周400mで,レーンの幅は日本では1.25mと統一されており,400mまでのレースはすべて各人の決められたレーン内を走らなければならない(セパレート)。…

※「ハードル競走」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android