ハードル

精選版 日本国語大辞典「ハードル」の解説

ハードル

〘名〙 (hurdle)
陸上競技障害競走のコースに置く障害器具。台のついた木製などの。高さが調節できる。
※日独対抗競技(1930)〈阿部知二〉「トロスバッハの体勢がいくつ目かのハアドルで崩れた」
② 「ハードルきょうそう(━競走)」の略。〔陸上競技の研究(1921)〕
③ 乗り越えなくてはならない、困難な物事。
※水で書かれた物語(1965)〈石坂洋次郎〉二五「この結婚で、私はまた一つの難ずかしいハードルを越えたのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「ハードル」の解説

ハードル

陸上競技の障害物競走に使用する用具。横木,2本の支柱,2個の基底部からなる長方形の枠で,支柱はそれぞれの基底部の一方末端固定は1.20m以下,高さは種目により異なる。上端の中央に3.6〜4kgの力が加わると転倒するように調節する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「ハードル」の解説

ハードル(hurdle)

陸上競技のハードル競走で、コースに置く障害器具。金属製の基部の上に木や樹脂製の横棒が付く。
ハードル競走」の略。
乗り越えなくてはならない、困難な物事。「入試という最初のハードルを越える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android