コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイシュラーク Beyschlag, Willibald

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイシュラーク
Beyschlag, Willibald

[生]1823.9.5. フランクフルトアムマイン
[没]1900.11.25. ハレ
ドイツの神学者。ボンとベルリンに学び,特に K. I.ニッチを生涯尊敬した。ハレ大学の実践神学と新約聖書学教授 (1860) 。トリールの最初の牧会でカトリックの攻撃性を経験したことが,のちにドイツの福音同盟を結成させるきっかけとなった。 E.ルナンや D. F.シュトラウスの合理主義に反対して書かれた『イエスの生涯』 Leben Jesu (85) と『新約神学』 NT. Theologie (91) は,穏健で保守的な調停神学の立場を示している。晩年には教会政治の面で活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バイシュラークの関連キーワードミツケーウィチウェーラー荘厳ミサ曲木村嘉平シーボルトロゼロ菅野序遊ビドルレオ12世ボーデ美術館

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android