コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘厳ミサ曲

デジタル大辞泉の解説

そうごんミサきょく〔サウゴン‐キヨク〕【荘厳ミサ曲】

《原題、〈ラテン〉Missa Solemnis》⇒ミサソレムニス

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

荘厳ミサ曲【そうごんミサきょく】

ミサ・ソレムニスmissa solemnisとも。助祭および副助祭を伴って行われる荘厳ミサのための音楽。ベートーベンの作品《荘厳ミサ曲ニ長調》が有名。これは晩年の5年(1819年−1823年)を費やして作曲され,1823年ルドルフ大公に献呈された。
→関連項目キリスト教音楽

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうごんミサきょく【荘厳ミサ曲 missa solemnis[ラテン]】

司教が助祭と副助祭を伴って挙行する荘厳ミサ(または盛儀ミサ)のための音楽。もっとも有名な作品は,ベートーベンが晩年ルドルフ大公のために約5年を費やして完成した《荘厳ミサ曲ニ長調》(1823)である。この作品は,中世以来のミサ曲の慣例にしたがって五つのミサ通常式文を音楽化している。ベートーベンはカトリック教徒として典礼の意味と手続きを十分に理解したうえで,一般的な典礼音楽のレベルをはるかに超える壮大かつ主観的な宗教音楽の作品を完成している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうごんミサきょく【荘厳ミサ曲】

ベートーベン晩年の傑作。全五楽章。1818~23年作。壮麗な交響曲的様式からなり、典礼機能から解放された一九世紀の交響的ミサ曲の先駆をなす。 → ミサ-ソレムニス

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荘厳ミサ曲
そうごんみさきょく
Missa solemnis

ベートーベンが晩年に作曲したミサ曲(ニ長調、作品123)。「ミサ・ソレムニス」とは本来カトリックの典礼のなかでもっとも荘重かつ大規模なミサをさすことばだが、この作品も題名の意味するとおり、4人の独唱者、混声四部合唱、そしてパイプ・オルガン付き管弦楽という編成をとり、五楽章あわせて約1時間半に及ぶ大きなミサ曲である。しかし内容は、教会における典礼用音楽の枠をはるかに超えたもので、むしろ個人的な宗教観が強く表れた音楽というべきであろう。ベートーベンは5年の歳月(1819~23)を費やし、独自の歌詞解釈と交響楽的手法によって、まれにみる個性的なミサ曲を完成させたのである。1824年ペテルブルグで一部初演。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の荘厳ミサ曲の言及

【ベートーベン】より

…これら2曲はこの時期のカンタービレ(歌うような)様式を代表する作品でもあり,主題の抒情的な美しさも大きな特徴となっている。1812年までに《第7交響曲》作品92(1813年初頭),《第8交響曲》作品93(1812)を完成させ,残された15年間の晩年における大管弦楽曲は《ミサ・ソレムニス(荘厳ミサ曲)》作品123(1823)と《第9交響曲》作品125(1824)の2曲を残すだけであった。内省的な深みを増した孤高の晩年様式の中心は室内楽曲とピアノ作品へと移っていく。…

※「荘厳ミサ曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荘厳ミサ曲の関連キーワード〈ラテン〉Missa Solemnisモーツァルト(年譜)ベートーベン(年譜)ディアベリ変奏曲モーツァルト第九交響曲ロッシーニドイツグノー

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android