コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モリソン Morrison, George Ernest

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モリソン
Morrison, George Ernest

[生]1862.2.4. ジーロング
[没]1920.5.30. デボラン
オーストラリアの新聞記者,医者。モロッコと母国で医者をしていたが,1895年『ロンドン・タイムズ』通信員となり,東南アジアで活躍。 97年北京におもむき,1912年中華民国政府顧問となって,民国育成に尽力。また,パリ講和会議に中国代表顧問として出席。彼が集めた極東関係の文献はモリソン文庫として名高く,17年岩崎久弥がこれを購入して,東洋文庫設立の基礎とした。

モリソン
Morrison, Herbert Stanley, Baron Morrison of Lambeth

[生]1888.1.3. ロンドン
[没]1965.3.6. ケント,シドカップ
イギリスの政治家。小学校を出たのち商店などで働き,1908年労働党入党。 14年労働党ロンドン支部非常勤書記,第1次世界大戦に反対,良心的兵役拒否をした。 23~24,29~31,35~59年下院議員,29~31年運輸相,40年 W.チャーチル戦時内閣の供給相,40~45年内相,治安相,45~51年 C.アトリー内閣の副首相,枢密院議長,下院院内幹事,51年外相,51~55年労働党副党首。ロンドン地区党組織拡充に貢献し,理論家としても知られた。

モリソン
Morrison, Robert

[生]1782.1.5. ノーサンバーランド,モーペス
[没]1834.8.1. 広州
イギリスの宣教師,中国学者。 1807年長老派牧師に任じられ,広東に宣教に出発,プロテスタンティズムの中国宣教の基礎をつくった。2年足らずで中国語に精通し,09年イギリス東インド会社の翻訳官となり,牧師のかたわら生涯この職にあった。著作としては『シナ語文法』A Grammar of the Chinese Language (1815) ,『シナ語辞典』A Dictionary of the Chinese Language,in Three Parts (3巻,15~23) ,聖書の中国語訳 (21) などがある。モリソンの名は当時すでに日本にも知られており,江戸幕府によるアメリカ商船『モリソン』号撃退事件を高野長英がモリソンと誤解し,渡辺崋山らと幕府の態度を批判したが,これが蛮社の獄の一因となった。

モリソン
Morrison, William Ralls

[生]1825.9.14. イリノイウォータールー近郊
[没]1909.9.29. イリノイ,ウォータールー
アメリカの法律家,政治家。 1863~65,73~87年イリノイ州選出の民主党連邦下院議員をつとめ,保護関税を非難。 87~97年州際通商委員会メンバー,その間 92~97年その委員長として,鉄道の特権,差別運賃,リベートなどを攻撃した。

モリソン
Morrison, Toni

[生]1931.2.18. オハイオ,ロレーン
アメリカの作家,編集者。アフリカ系アメリカ人として中西部で育ち,1953年ハワード大学を卒業,55年コーネル大学より英文学修士号を取得。テキサス南部大学で2年間教えたのち,ハワード大学でも教壇に立った (1957~64) 。その間の 61年ランダムハウス社の編集者となり,65年からは文芸編集者として若手の黒人女流作家の育成に力を注ぐ。さらにニューヨーク州立大学,エール大学でも講じ,89年プリンストン大学人文科学部教授。処女作『青い眼が欲しい』 (70) は青い眼が欲しいという妄想にとりつかれた黒人少女の悲劇を綴った小説。第2作『スーラ』 (73) では共同体のなかでの友愛の力と協調への期待を探った。自己のアイデンティティを追求する青年を主人公にした『ソロモンの歌』 (77) で全米図書批評家賞とアメリカ芸術院賞を受賞,『タール人形』 (81) を経て,87年『ビラブド,愛されし者』でピュリッツァー賞を受賞。幻想的かつしなやかで詩的な文体,神話の織りなす豊かさが物語に力強さと独自の作風を生む。白人支配・男性優位のアメリカ社会のなかで黒人女性としての存在を主張し続け,93年ノーベル文学賞を受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

モリソン

オーストラリア生れの新聞記者。英国のエディンバラ大学卒業後医者となるが,南洋諸島ビルマ(現ミャンマー),パミールなどを旅し,旅行記を発表。1893年中国に入り,1895年英国紙《タイムズ》の通信員となってインドシナシャム(タイ)で活躍,1897年北京特派員になった。

モリソン

英国の宣教師。中国プロテスタント伝道の開祖。中国名は馬礼遜。ロンドン伝道会から派遣されて1807年マカオに上陸。1809年―1834年イギリス東インド会社の通訳官。

モリソン

米国のアフリカ系女性作家。アフリカ系アメリカ人の文化と歴史,その社会における生のあり方を,スケールの大きな巧みな筆致の小説で描き,性や人種など,多様な問題を鋭く提起している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モリソン【George Ernest Morrison】

1862‐1920
オーストラリア生れの新聞記者。最初,母国モロッコで医師をしていたが,1895年英国紙《タイムズ》通信員となり,インドシナとシャム(タイ)で活躍,97年(光緒23),北京特派員に転じた。精力的な活動と政治判断の的確さで北京の外国人社会に勢力をふるい,〈中国のモリソン〉といわれた彼はイギリスの帝国主義政策の信奉者として,日露戦争では日本に好意を示し,中華民国成立後は袁世凱の強大な権力を歓迎して,その政治顧問に就任し,第1次大戦のパリ講和会議には中国代表顧問をつとめた。

モリソン【John Robert Morrison】

1814‐43
イギリスの中国専門家。中国伝道の草分けロバート・モリソンの第2子としてマカオに生まれ,イギリスとマラッカで教育を受けた。1834年,父の死とともに,そのイギリス貿易監督庁の中国語通訳官兼書記官の地位をついだ。積極的に中国伝道を援助し,父の遺志をついで,その中国語訳聖書(《神天聖書》1823)の改訂に努力した。メドハーストギュツラフブリッジマンの協力を得た聖書の第1次改訂(1839年3月~42年8月)といわれるものがそれである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

モリソン【Morrison】

〔George Ernest M.〕 (1862~1920) イギリスのジャーナリスト。オーストラリア生まれ。中国を訪れ、1895年から「タイムズ」紙の駐在員、1912年中華民国政府顧問となる。極東関係の収集図書はモリソン文庫として東洋文庫に収蔵。
〔Robert M.〕 (1782~1834) イギリス人宣教師。中国伝道を開拓。聖書を漢訳し、漢英・英漢辞典を編纂した。中国名、馬礼遜。
〔Toni M.〕 (1931~ ) アメリカの小説家。黒人社会の現実問題を描きながら、幻想的・神話的な要素も取り入れた作品で知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

モリソン

生年月日:1862年2月4日
オーストラリア生まれのイギリスのジャーナリスト,医者
1920年没

モリソン

生年月日:1887年7月9日
アメリカの歴史家
1976年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

モリソンの関連キーワードネバーエンディング・ストーリー 第2章チャイニーズ・レポジトリーハーバート・R. モーガンイントゥ・ザ・ミスティックブラウン・アイド・ガールロッキー5/最後のドラマルーカス マコウスキープロテスタンティズムランゲルハンス島腫瘍マシュー ジローモリソン・プランバン・モリソンモリソン号事件オリファントムーンダンス石田幹之助薪水給与令岩吉(1)モリソン層ウェイン

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モリソンの関連情報