コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリール Trier, Jost

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリール
Trier, Jost

[生]1894.12.15. ヘッセン,シュリッツ
[没]1970.9.15. バートザルツフラン
ドイツの言語学者。意味の上で関連したいくつかの単語は互いに張合って1つの体系をなし,単語の意味の変化はこの体系の変化としてとらえられるといういわゆる「言語場の理論」を提唱し,主著『理性を表わす意味分野のドイツ語語彙』 Der deutsche Wortschatz im Sinnbezirk des Verstandes (1931) でその例証に成功した。

トリール
Trier

ドイツ西部,ラインラントファルツ州の都市。ルクセンブルクとの国境の東約 10kmに位置し,モーゼル川に臨む。ドイツ最古の都市の一つで,最初の居住者ケルト=ゲルマン系のトレウェリ人の祭祀跡 (前 400頃) がある。前1世紀中頃,カエサルがトレウェリ人を征服したのち,ローマの町が建設され,前 15年にアウグスツスによりアウグスタトレウェロルムと命名された。以後2世紀には第1ベルギカ州の首都,3世紀には一時皇帝の居地となり,4世紀には司教座が置かれるなど,急速に発展。モーゼル地方を中心とした広範な地域の行政,宗教,文化の中心となった。9世紀以降は大司教座が置かれ,特に 13世紀以降は選帝侯となったトリール大司教の強大な権力の中心であった。 1815年以後プロシア領。交通の要地にある商工業中心地で,ワインの取り引きが盛ん。ビール,たばこ,織物,皮革製品などを産する。カルル・マルクスの生地。市内には4世紀の城門ポルタ・ニグラ,4世紀のローマ浴場,2世紀初頭の円形劇場など,ドイツのどの都市よりもローマ時代の歴史的建造物が多く,またトリール大聖堂をはじめ,大司教座都市としての繁栄を示す中世の多くの聖堂も残されている。 1986年ローマ時代の建造物,大聖堂およびリープフラウエン聖堂は世界遺産の文化遺産に登録された。人口9万 7835 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トリール【Trier】

ドイツ西部,ラインラント・ファルツ州の古都。人口9万9000(1991),モーゼル地方のブドウ酒取引の中心地,カトリックの司教座所在地。古代ローマの遺跡が多く,また中世にも重要な役割を果たした歴史的観光都市として著名である。 ローマ都市アウグスタ・トレウェロルムAugusta Treverorumは,おそらく前16‐前13年のころ,アウグストゥス帝によってケルト系のトレウェリ族の居住地であったこの地に,ライン戦線ローマ軍団の兵站基地として建設された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリール
とりーる
Trier

ドイツ西部、ラインラント・プファルツ州の都市。トリアーともいう。人口9万9400(2000)。ルクセンブルクに近いモーゼル川右岸に位置し、ローマ人がライン川沿岸部に進出する拠点となった。ローマ都市の特徴は市街地中央部の街路や市門(ポルタ・ニグラ)、皇帝浴場、円形劇場などの遺跡に残る。モーゼル川沿岸地域の中心都市で、司法、行政、教育、経済など各種の機関が立地する。周辺はモーゼル、ザール、ルウェアのブドウ栽培地であるため、古くからワインの取引地として知られ、ブドウ栽培学校や州立ブドウ園もある。工業ではたばこ製造、製靴、じゅうたん製造、機械などに特色がある。カール・マルクスと妻イェンニーの生地で、市街中心部にはマルクスの生家があり、博物館となっていて著作や資料が展示されている。[朝野洋一]

歴史

先史時代にモーゼル川流域にトルウェル人の集落があったが、紀元前15年ローマ皇帝アウグストゥスはここに屯営を設けた。これがローマ都市トリール(アウグスタ・トレウェロールムAugusta Treverorum)の端緒で、紀元後1世紀にはこの地方の中心都市に成長、150年ごろ第一ベルギカ州の州都となった。現存の闘技場は当時のものである。4世紀コンスタンティヌス帝のころ、ドーム、大浴場、ポルタ・ニグラ、石造りの橋などが完成し、人口7万、アルプス以北最大の世界都市となり、コンスタンティヌス帝をはじめ著名な文人や教父も滞在した。ゲルマン人の侵入のころ司教座が置かれてキリスト教世界の学芸の中心となったが、5世紀末からフランク人の支配下に入った。大司教が選帝侯になると市は選帝侯領の中心になるが、市民は経済力を増すにつれ自治を求めて大司教と争った。1190年都市法を制定、13世紀なかばに市壁で囲まれた中世都市の姿が完成、14世紀には市庁舎をもち、ツンフト(同職ギルド)の市政参加も実現した。法的には大司教の支配下にあって帝国都市ではなかったが、15世紀には人口約1万、ワインと塩の取引を基礎に事実上自由都市となり、大学(1473~1798)も設立された。16、17世紀には新教徒の退去、三十年戦争、フランス軍の侵入で人口が減少し衰退したが、18世紀にバロック風の都市に変貌(へんぼう)した。フランス革命戦争で選帝侯国は解体し、1797年フランス領に、1815年プロイセン領に編入された。19世紀末から、司教座所在地、行政中心地、商業都市の機能に加えて、国境の軍都としての重要性を増した。[諸田 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トリールの関連キーワードトリールのローマ遺跡群,聖ペテロ大聖堂および聖母教会リープフラウエン聖堂[トリール]アウグスタ・トレウェロルムトリアー(ドイツの地名)ハインリヒ[7世]ハインリヒ(7世)ステンド・グラスアーヘン宮廷画派サルウィアヌスバイシュラークケルン大司教領聖ペテロ大聖堂オレウィアヌスアンブロシウスライン都市同盟トリーア大聖堂ジッキンゲンザール[川]アンドレスボッパルト

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android