コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイラム・ハーン Bairam Khān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイラム・ハーン
Bairam Khān

[生]?
[没]1561
インド,ムガル帝国バーブルフマーユーンアクバルの3代の皇帝に仕えた武将。バーブルの死後,第2代皇帝フマーユーンはアフガン系のシェール・シャーに追われ,イランに逃れたが,バイラム・ハーンは常に彼と行動をともにし,1555年フマーユーンのデリー奪回,帝位回復に功があった。 56年フマーユーンが不慮の死をとげ,その子アクバルが 13歳の若年で帝位につくと,その補佐として国政をとったが,60年追放された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バイラム・ハーンの関連キーワードパーニーパットの戦い

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android