バクトリア王国(読み)バクトリアおうこく

百科事典マイペディアの解説

バクトリア王国【バクトリアおうこく】

ヒンドゥークシ山脈とアム・ダリヤとの間の地域にあったギリシア人王国。首都はバルフ(古名バクトラ)。同地方は古くから東西交通の要地で,アケメネス朝,アレクサンドロス大王,セレウコス朝の支配を受けたが,前250年ごろ太守ディオドトスDiodotosが建国,前150年ごろ大月氏に侵略され滅亡。中国史書の大夏は同国に比定されている。アイ・ハヌム遺跡などからは〈グレコ・イラン様式〉の遺物が出土している。
→関連項目大夏トカラ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バクトリアおうこく【バクトリア王国】

前250年ころバクトリア太守ディオドトスDiodotosが,セレウコス朝の支配から独立,建国したギリシア人王国。首都は現在のアフガニスタン北部のバルフ(古称バクトラBaktra)にあった。なお,バクトリアBaktriaとはヒンドゥークシュ山脈からアム・ダリヤ中流域にかけての地域を指す歴史的呼称で,この地は前4世紀末アレクサンドロス大王の攻略をうけ,大王の死後はセレウコス朝の支配下に置かれた。従来,美しいギリシア・バクトリア銀貨を除き,王国の存在を示す遺物は見つからなかったが,1964年以来,バルフの東方約300km,コクチャ川とアム・ダリヤ合流点のアイ・ハヌム遺跡において真正のギリシア人都市が発見され,フランス考古学者の手で神殿,墓廟,円形劇場,彫刻,碑文などが発掘されて,不明の歴史に新しい光を投げかけている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android