バゲルハットのモスク都市(読み)バゲルハットのモスクとし

世界遺産詳解の解説

バゲルハットのモスクとし【バゲルハットのモスク都市】

1985年に登録された世界遺産(文化遺産)で、バングラデシュ南部、クルナ州バゲルハット県に位置する。建造物が18km2に点在し、遺跡内にはモスクやタダルガー(霊廟)など約50の建造物があり、そのほとんどが、15世紀前半にこの地にやってきたトルコ系の武将ハーン・ジャハーン・アリーとその従者によって建築された。そのうちサイト・グンバド・モスクはバングラデシュ最大の規模である。この地方独特の弓形の屋根を模したドーム屋根など優れた建築技術が見られ、ここだけでしか見ることができないハーン・ジャハーン様式を特徴としている。◇英名はHistoric Mosque City of Bagerhat

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android