バジリカータ(読み)ばじりかーた(英語表記)Basilicata

改訂新版 世界大百科事典 「バジリカータ」の意味・わかりやすい解説

バジリカータ[州]
Basilicata

イタリア南部の州。面積9988km2,人口59万6546(2004)。ポテンツァマテラの二つの県からなり,州都はポテンツァ。全体に山がちで,平野はイオニア海沿岸地域にあり,全州面積のわずか8%を占めるにすぎない。西部アペニノ山脈の一部,東部はおもに石灰岩質の丘陵地域で,浸食をうけやすく,過去の乱伐も手伝って,しばしば地すべりが起こっている。こうした自然条件に加えて,かつては大土地所有制に起因する低い農業生産性,交通の未整備などがこの地方の発展を妨げ,遅れた南部のなかでもとくに後進的地域とされてきた。第2次大戦後の南部開発政策により,山岳地域の植林,平野部での集約的な蔬菜・果樹栽培,灌漑化促進などの努力がなされている。工業では,州内のメタン・ガス田発見を契機に大企業が誘致され,重化学工業地域がつくられつつあるが,全体としては伝統的手工業がまだ支配的である。
メッツォジョルノ
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「バジリカータ」の意味・わかりやすい解説

バジリカータ
ばじりかーた
Basilicata

イタリア南部の州。面積9992平方キロメートル、人口59万5727(2001国勢調査速報値)。古称および1932~48年の旧称はルカニアLucania。ポテンツァとマテーラの2県からなり、州都はポテンツァ。州の西部はルカニア・アペニン山脈が走り、山がちである。それに対して、東部は丘陵地状で、古代ギリシア都市遺跡メタポントMetaponto周辺の海岸地帯には狭いながらも平野が広がる。かつてマラリアの多い湿地帯であったその平野は、1950年以降の干拓・土地改良の結果、いまでは豊かな農業地帯に変貌(へんぼう)を遂げている。また小規模な伝統的生産が支配的であった工業の分野でも、メタンガスがフェッランディーナで、石油がピスティッチで発見されたのを契機として、化学などの近代的工業が発展しつつある。

[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android