コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バズ学習 バズガクシュウ

デジタル大辞泉の解説

バズ‐がくしゅう〔‐ガクシフ〕【バズ学習】

《buzzはざわめきの意》児童・生徒を小グループに分けて討議させ、その結論・意見を、さらに全員で討論する学習方式。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

バズがくしゅう【バズ学習】

〔バズ(buzz)は、がやがや話す意〕
少人数のグループに分けて自由活発に発言させ、発言力を養う教育方法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バズ学習
ばずがくしゅう
learning by buzz session

集団討議形式の一つ。6人ずつのグループが6分間討議することを原則とするという意味で、6.6討議といわれるものがバズ・セッションの代表的なものである。このバズ・セッションを学校の授業・学習活動や、社会教育の学習活動に取り入れた学習法をバズ学習という。これは、多人数の学習者をいくつかのグループに分け、それぞれのグループごとに討議を試みさせる方法である。多人数のなかではほとんど発言せず、受け身の学習活動に終始するような人でも、この方法であると、かなり自由に積極的に発言でき、学習活動に参加すること(自我関与)ができる。また学習者相互の人間関係を高めることもでき、ひいては学習者全体の学習効果を高めることが期待できる。バズ学習を終えたあとは、グループの討議内容を発表しあい、全体討議に移行したり、教師や指導者の指導を受けたりする。[岡東壽隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バズ学習の関連キーワード集団討議教育方法少人数討議法発言力

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android