コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッゲセン Baggesen, Jens Immanuel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バッゲセン
Baggesen, Jens Immanuel

[生]1764.2.15. コルセール
[没]1826.10.3. ハンブルク
デンマークの詩人。新古典主義からロマン主義への転換期における指導的詩人であったが,安らぎを知らぬ不安な魂の持主で,完成した作品は少い。ニーオで書いた韻文の短編集『ユーモラスな話』 Komiske Fortællinger (1785) で名声を得たが,ドイツ心酔者の彼はまもなくドイツに旅立ち,のちにはフランスにおもむき,生涯の大半を異郷で過した。晩年にはロマン主義に激しく反対した。主著『迷宮』 Labyrinten (92~93) は,旅とその間の思索の混沌とした記録である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バッゲセンの関連キーワードアンデルセンヘルツ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android