コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッテル バッテル Vattel, Emmerich de

2件 の用語解説(バッテルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バッテル
バッテル
Vattel, Emmerich de

[生]1714.4.25. ヌーシャテル,クーベ
[没]1767.12.28. ヌーシャテル
スイスの法学者で 18世紀を代表する国際法学者。バーゼル大学ジュネーブ大学で哲学,倫理学を学び,ドイツザクセン侯に仕えて外交官となる。啓蒙期自然法に基づいた思想をもち,C.ウォルフの影響を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バッテル【Emmerich de Vattel】

1714‐67
スイス人の著名な国際法学者で,ドイツのザクセン侯に仕えた外交官。主著《国際法,すなわち,諸国および諸君主の行動および事務に適用された自然法の原則》(1758)はラテン語ではなくフランス語で書かれた国際法の現実的な体系書であり,広く一般に読まれるとともに,その後の国際法の発展にも大きな影響を与えた。また,同書がアメリカの独立(1776)の思想的根拠となったことはよく知られている。彼は啓蒙期自然法思想に立脚し,国家の自然的な自由・平等・独立を基礎とする近代的な国際法思想を展開した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バッテルの関連キーワードオッペンハイムグリム立作太郎西ドイツ横田喜三郎統一ドイツ田岡良一ゴルトツィーハーホイスラーラウターパクト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バッテルの関連情報