コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バトン baton

翻訳|baton

デジタル大辞泉の解説

バトン(baton)

陸上競技のリレー競走で、走者が手に持って走り、次走者に手渡す軽い棒管。
音楽で、指揮棒。タクト。また、パレードなどで、手に持って音楽に合わせて動かす、飾りのついた棒。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

バトン

陸上のリレー競走走者が手渡していく用具。継ぎ目のない木製か金属製の管で、長さ二八〇~三〇〇mm、重さ五〇g以上などの規制がある。ロードリレーとも呼ばれる駅伝ではタスキを用いるのが日本の伝統だが、海外ではバトンの例もある。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

バトン【baton】

リレー競技で、走者が持って走り、次の走者に手渡す筒状の棒。
パレードや応援のときに、振ったり回したりする細い棒。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バトン

指揮棒」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バトン
ばとん
baton

陸上競技のリレー競走で使われる中空の管。材質は継ぎ目のない木か金属その他の硬い物質でつくられ、断面が円く、滑らかなものでなければならない。長さは28~30センチメートル、直径は4センチメートル、重さは50グラム以上と決められている。走者は、このバトンを次の走者に手渡すこととされているが、バトンの受け渡しは、20メートルのテークオーバーゾーンtake over zoneの中で行わなければならない。そのほかの所で受け渡しをしたときは、失格になる。また、ゾーン内での手渡しに失敗したときは前走者が拾って、手渡さなければならない。[石井恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバトンの言及

【タクト】より

…今日〈タクトをとる〉といえば,拍や拍子を明示することで,音楽を指揮することと同義的な言い回しにも用いられる。また日本では,その際に用いる指揮棒(タクトシュトックTaktstock,バトンbâton)のこともタクトということがある。 多人数での演奏(合唱や合奏)の際,リーダーの動作や指示をはっきり見せようとして,棒などを利用することは古くからあったろう。…

※「バトン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バトンの関連キーワードヨーロッパ三大魔法学校baton touch服部剛丈さん銃撃事件バトントワリングドラムメジャーバトントワラーピンクターボ野々村はなのバンドネオンオーイエロールイジアナ州ガオホワイトバトンガールバトンタッチつたいめぐみ小池真名実山本ありさ春日むつみ馬場千亜紀ビッグワン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バトンの関連情報