コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バハラ城塞 バハラジョウサイ

2件 の用語解説(バハラ城塞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バハラ‐じょうさい〔‐ジヤウサイ〕【バハラ城塞】

Qal'at Bahla'》オマーン北部の町バハラにある城塞。ペルシア人遊牧民ベドウィンからオアシス都市を防備するため、13世紀から14世紀頃にかけて建造された。総延長約12キロメートルの城壁に囲まれる。城壁内には住居、スーク(野外市場)、ナツメヤシの農地などがある。1987年に世界遺産文化遺産)に登録。日干し煉瓦(れんが)の壁が修復されずに放置されていたため、1988年に危機遺産に登録されたが、1990年代に修復作業が始まり、2004年に解除された。バフラ城塞

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

バハラじょうさい【バハラ城塞】

1987年に登録されたオマーンの世界遺産(文化遺産)。バハラは、首都マスカットの南西、アフダル山脈山麓に位置する都市。7世紀以前、海から侵攻するペルシア人、砂漠から攻め寄せるベドウィンなどの侵略から守るために城塞都市として整備された。バハラ城塞はオマーンでは最大規模の城塞の一つで、日干しレンガなどでできている。この町は陶器の産地としても知られ、湧き水にも恵まれていたため、早くから人々が定着し、ナツメヤシの栽培などを行っていた。市壁が町をすっぽりと取り囲み、塔や金曜モスクがあり、ナツメヤシの林も城塞の周辺に広がっている。城塞は長い間放置されてきたために風化が進んで、毎年雨期になると崩落が危惧されるという不安定な状態にあった。このため1988年には、危機遺産リストに登録されたが、オマーン政府により修復・整備が進められた結果、2004年に削除された。◇英名はBahla Fort

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バハラ城塞の関連キーワードスルツエイタカバムヘンダーソン島ティヤツォディロアルフトゥム世界遺産登録タハテ-スレマーンル-モーンの文化的景観

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone