ババル諸島(読み)ババルショトウ

デジタル大辞泉の解説

ババル‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ババル諸島】

Kepulauan Babar》インドネシア東部、モルッカ諸島南端の諸島。バンダ海とティモール海に挟まれる。主島ババル島と周辺の五つの島からなる。アンボン系、ティモール系の住民が多く居住。第二次大戦時には日本の占領下に置かれた。ババール島。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ババル諸島
ばばるしょとう
Kepulauan Babar

インドネシア南東部、モルッカ諸島南端に位置する諸島。北はバンダ海に、南はチモール海に面する。主島のババル島を中心にマセラ、ウェタン、ダウェラ、ダウェロール、ダイの六つの島々からなる。面積803平方キロメートル。地形は山がちで、ババル島、ダイ島には新しい石灰岩段丘が発達している。住民はアンボン・チモール系種族で、開発は遅れている。中心地はババル島北西部のテパTepa、行政上はモルッカ州に属する。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android