コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラフォン balafon

百科事典マイペディアの解説

バラフォン

西アフリカ(ガンビア,セネガル,マリ,ブルキナファソなど)のマリンケ(マンディンゴ)人が使用する木琴。瓢箪の共鳴体をもつ。17から19の音板をもち,アフリカ南部や南東部,中央アメリカにみられるマリンバ(瓢箪の共鳴体付き木琴)に類似。
→関連項目グリオ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

バラフォン【balafon】

西アフリカの木琴。鍵盤の下に音を増幅させるひょうたんが付いており、五音音階式と七音音階式がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のバラフォンの言及

【ヒョウタン(瓢簞)】より

…ひしゃく形のものは,縦に二つに割って,スプーンやひしゃくとして使う。その空洞は共鳴器として,太鼓やバラフォンbalafon(西アフリカで使われる木琴の一種),弦楽器などに使われる。なんの装飾も加えずに用いられることが多いが,着色をしたり,ビーズ細工を施すこともある。…

※「バラフォン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バラフォンの関連キーワードフアン・デ・アウストリアフォデイ・ムサ スソヒョウタン西アフリカ鍵盤

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バラフォンの関連情報