コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルキナファソ ブルキナファソ Burkina Faso

翻訳|Burkina Faso

4件 の用語解説(ブルキナファソの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルキナファソ
ブルキナファソ
Burkina Faso

正式名称 ブルキナファソ。面積 27万764km2。人口 1696万8000(2011推計)。首都 ワガドゥグーアフリカ大陸西部の内陸国で,北と西はマリ,東はニジェール,南はベナントーゴガーナコートジボアールと接する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ブルキナファソ

アフリカ西部にあり、面積は日本の7割に当たる27万平方キロメートル。人口約1700万人。1960年にフランスから独立。主要産業は栗、トウモロコシなどの農業。教育水準や平均寿命、1人当たり所得などから算出した人間開発指数は世界187の国・地域の中で181位(2013年、国連開発計画調べ)で、世界で最も貧しい国の一つといわれる。

(2015-09-24 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブルキナ‐ファソ(Bourkina Fasso)

清廉潔白な人の国の意》アフリカ西部の国。ボルタ川上流にある内陸国。首都ワガドゥーグー。1960年、オートボルタ共和国としてフランスから独立。1984年に改称。綿花や畜産品を産出。人口1624万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ブルキナファソ【Burkina Faso】

アフリカ西部、ボルタ川上流域を占める内陸国。共和制。1960年フランスから独立。綿花・落花生を産する。主な住民はモシ族とボボ族。主要言語はフランス語とモシ語。首都ワガドゥグ。面積27万4千平方キロメートル。人口1320万( 2005)。旧称、オートボルタ。正称、ブルキナファソ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルキナファソの関連キーワードアフリカ菫アフリカ舞舞アフロブラックアフリカホワイトアフリカケアフリー汎アフリカ主義南アフリカ連邦アフリカデーアフリカの音

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブルキナファソの関連情報