コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンドウイルカ Tursiops truncatus; bottlenose dolphin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンドウイルカ
Tursiops truncatus; bottlenose dolphin

クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科バンドウイルカ属。ハンドウイルカとも呼ばれる。体長は 1.9~3.8mで,個体群により差がある。最大体重記録は約 650kgであるが,多くのものは 200~300kgである。出生体長は1~1.3m。背部および体側は灰色,紫灰色または灰黒色で,腹部は白色である。腹部や尾柄部下面に黒色の小斑点が散在するものは,ミナミバンドウイルカと別称される。噴気孔は1個で,頭部正中線上にある。嘴 (くちばし) は太く,比較的短い。前頭部は丸い。背鰭 (せびれ) は体の中央に位置し,大きく,先端はとがり後縁は鎌状である。上下顎骨に大きな円錐歯が左右 18~26対並び,老成すると脱落する。通常群れは 20頭以下であるが,まれに数百頭の群れをなす。他のクジラ類としばしば混群をつくり,ハナゴンドウオキゴンドウとの雑種が野生および飼育下で記録されている。家族群の結びつきはきわめて強いが,家族から離れて別の群れに加わることもある。活動的で,とびはねたり,尾鰭で水面をたたいたりする。食性範囲は広く,魚類,イカ類,甲殻類などを食べる。採食方法は多様で,群れで群集性の魚類を取囲んだり,漁具にかかったものを捕食したりする。全海洋の温帯から熱帯域にかけて分布し,おもに沿岸域に生息する。モーリタニア沿岸では,本種が浜に追込んだボラを漁師が巻網でとる漁法がある。日本では主として追込漁で捕獲されている。水族館展示用として古くから飼育されてきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンドウイルカ
ばんどういるか

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バンドウイルカの関連キーワード慶良間諸島海域公園地区アフリカウスイロイルカ太地町のイルカ漁コビレゴンドウマリナリュウムモンキーマイアロッキンハムシャーク湾バンベリーグレネルグ半道海豚海豚

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バンドウイルカの関連情報