コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーキー バーキー Bâkî, Mahmud Abdülbâkî

2件 の用語解説(バーキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーキー
バーキー
Bâkî, Mahmud Abdülbâkî

[生]1526. イスタンブール
[没]1600.4.7. イスタンブール
オスマン帝国の宮廷詩人。ウレマー (イスラムの学識者) の子として生れ,馬具屋の徒弟に出されたが,のち法律を学び,スレイマン1世の廷臣となった。言葉の厳密な選択や,巧妙な作詩法にすぐれた才能を示し,スレイマン1世の死をうたった荘厳な哀悼の詩は傑作の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バーキー【Mahmut Abdül Baki】

1526‐1600
オスマン帝国古典期の宮廷詩人。馬具職人の徒弟から学芸をもって立身し,シェイヒュル・イスラム(シャイフ・アルイスラーム)など国家の要職を歴任すると同時に,スレイマン1世の寵臣として,スルタンの戦勝に賛歌をささげ,その死をいたむ挽歌をつくった。彼の抒情詩は完ぺきな形式でオスマン帝国盛時の繁栄をうたうが,一種の無常感もただよわす。〈詩人たちのスルタン〉とたたえられた彼の作品は,遠くペルシア宮廷でも愛誦された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バーキーの関連キーワードオットマン帝国オスマン帝国ギリシャ独立戦争イスラム帝国オスマン語オスマントルコオスマンダオスマン朝《オスマン帝国史》ハス(オスマン帝国)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バーキーの関連情報