コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーゾフ Vazov, Ivan Minchov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーゾフ
Vazov, Ivan Minchov

[生]1850.6.27. ソポト
[没]1921.9.22. ソフィア
ブルガリアの小説家,民族詩人,劇作家。ブルガリアの解放運動をテーマとした作品が多く,詩は市民的な抒情詩が中心。 1876年の革命における社会層の動きをとらえた小説『軛 (くびき) の下で』 Pod igoto (1893) は,ブルガリア文学の代表的な作品の一つである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

バーゾフ【Ivan Vazov】

1850~1921) ブルガリアの作家。文部大臣も務めた。ブルガリアの「国民文学の父」と呼ばれる。代表作は歴史長編「軛の下で」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーゾフ
ばーぞふ
Ivan Vazov
(1850―1921)

ブルガリアの作家、詩人。富裕商人で進歩的な父と文学的素養ある母の影響下で育ち、ロシアのリアリズム文学にも親しんだ。20歳のとき、商業実習のためルーマニアに行ったが、そこでカラベーロフ、ボテフらと会い、民族解放運動に加わった。以後、啓蒙(けいもう)活動と亡命生活のなかで、詩集『旗とグースラ』(1876)、喜劇『ミハラキ・チョルバジィ』(1882)、短編『ブルガリアの女』(1899)、史劇『ボリスラフ』(1909)その他、全領域にわたり多くの作品を著した。長編『軛(くびき)の下で』(1894)は、解放前夜のブルガリア人の生活と1876年蜂起(ほうき)を描いたもので、その民族解放思想は人々の心をとらえた。のちに彼自身の手で戯曲化したくらいで、諸外国語にも訳され、ブルガリア文学の地位を高めた作品である。革命後務めた文部大臣の仕事は不評で、また家庭的にも恵まれなかったが、国民詩人としての名声は高く、劇場などにその名が冠せられている。[真木三三子]
『松永緑彌訳『軛の下で』(1979・恒文社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バーゾフの関連キーワードブルガリア代表作

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android