コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーベー Bhave, Acharya Vinoba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーベー
Bhave, Acharya Vinoba

[生]1895.9.11. コラバ
[没]1982.11.15.
インドの社会奉仕活動家,哲学者。 1916年ガンジーの思想と行動に共鳴,師事し,40年第2次世界大戦へのインドの自動的介入に抗議した。 51年平和的手段による社会改造を目的に土地贈与運動のブーダンを開始,紛争の平和的解決を目的とするシャンティ・セーナ (平和主義者団) の指導者となった。主著『ブーダン・ヤージュニヤ』 Bhoodan Yajna (1953) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーベー
ばーべー
Vinyak Narhari Bhve
(1895―1982)

インドの社会運動家で通称ビノーバー。現マハラシュトラ州コラーバ県に生まれる。バローダの高校卒業後、ワーラーナシでサンスクリット語とヒンドゥー教経典を学ぶ。独学で多数のインド諸語やアラビア語、ペルシア語を習得。初めティラクらの急進的政治思想にひかれるが、1916年にガンディーと会い民族運動に加わるとともに、彼のアーシラム(共同居住区)に入る。ガンディーの「新教育」運動に協力。1940年ころから「万人の向上」を意味するサルボダヤという社会活動に専念。インド独立後、その一環として、説得に基づき地主に土地の寄進を求めるブーダーン運動を指導した。[内藤雅雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バーベーの関連キーワードギャルズ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーベーの関連情報