コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーラル bharal

2件 の用語解説(バーラルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バーラル【bharal】

偶蹄目ウシ科の哺乳類。分類的にはヤギ属Capraとヒツジ属Ovisの中間に位置する。ヒマラヤ地域から内モンゴルにかけての高山帯に分布。体長115~165cm,尾長10~20cm,肩高75~91cm,体重25~80kg。体は野生ヒツジに似てがんじょうで,四肢は太く短い。あごひげがなく,悪臭を放たない点もヒツジに似る。しかし,角は雌雄にあり,雄のは大きく長さ82cmに達し,基部の断面がほぼ四辺形か円形である点や眼下腺を欠く点などはヤギに似る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーラル
ばーらる
bharal
[学]Pseudois nayaur

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。ヒツジとヤギの中間タイプとみなされている種で、体長115~165センチメートル、体高75~90センチメートル、体重25~80キログラムほどに達する。チベット、ヒマラヤ地方、モンゴル、中国の四川(しせん)省、甘粛(かんしゅく)省などの山地に分布し、3亜種がある。海抜3000~5500メートルの山岳地帯に生息し、群集性があって、冬期には数百頭が集まることがある。夏期には成獣の雄は雄群をつくる。毛色は青灰色で、ブルーシープblue sheepともよばれる。雌の角(つの)はまっすぐで20センチメートルほどしかないが、雄では80センチメートルに達し、V型からS型に左右に広がる。10~11月が発情期で、5~6月の出産期に1産1子を産む。寿命12~18年。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーラルの関連キーワード偶蹄類シャモアダイカートピイランド水牛羚羊氈鹿ニアラ山羊

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone