コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーラージー・ビシュワナート Bālājī Vishvanāth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーラージー・ビシュワナート
Bālājī Vishvanāth

[生]?
[没]1720
インド,マラータ王国シャーフー王の宰相 (ペーシュワー,在任 1713~20) 。コンカン地方のバラモンの出身。彼のあと,彼の子孫が代々世襲的にマラータ王国の宰相となり,実際上の政治権力を掌握した。それと同時にコンカン地方のバラモンがマラータ政治権力の中枢を占めるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーラージー・ビシュワナート
ばーらーじーびしゅわなーと
Brj Vishvanth
(1660ころ―1720)

インド、マラータ王国の初代ペーシュワー(宰相)。アラビア海に面したコンカン地方出身のバラモンで、マラータ王国を再建したシャーフーの信任を得て、王国の実権を握った。彼ののちも、宰相の位はこの家系によって世襲され、マラータ王位は名目化して、実質的には宰相府がマラータ王国の中心となった。[小谷汪之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バーラージー・ビシュワナートの関連キーワードバージー・ラーオ(1世)バージー・ラーオ1世

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android