コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイプウニ パイプウニ Heterocentrotus mamillatus; slate-pencil urchin

3件 の用語解説(パイプウニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パイプウニ
パイプウニ
Heterocentrotus mamillatus; slate-pencil urchin

棘皮動物門ウニ綱拱歯目ナガウニ科。殻は楕円形で,長径 8cm,短径 7cm,高さ 4.5cm。非常に太い鈍頭の大棘をもち,その長さも殻長径よりやや長い。全体暗紫色であるが,大棘の先端部に淡色の帯状模様をもつものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パイプウニ【slate‐pencil urchin】

ウニ綱ナガウニ科の棘皮(きよくひ)動物(イラスト)。紀伊半島以南からインド洋,西太平洋に広く分布し,サンゴ礁の間に生息する。殻は長径8cm,短径7cm,高さ5cmほどで堅く,全体は暗紫色。とげは太くて堅く,下半部は円筒状であるが,先端近くでは三稜形になり,ほとんどが白色の帯状の模様をもっている。殻の長径より長いものもあるが,口側のとげは一般に短くて扁平である。昼間はサンゴ礁の隙間に潜りこんでいるが,夜になると活動を始める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パイプウニ
ぱいぷうに
slate-pencil urchin
[学]Heterocentrotus mammillatus

棘皮(きょくひ)動物門ウニ綱ナガウニ科に属する海産動物。重量感のある太くて石のように硬い棘(とげ)をもつウニ。殻径、棘長ともに7、8センチメートル、棘径1センチメートル余り。棘は赤褐色で、先のほうに数本の白帯のあるものが多い。棘はアクセサリーに用いられ、多数連ねてのれん、花瓶敷、ネックレスなどに加工したり、中をくりぬいてパイプやペン軸などにされる。奄美(あまみ)諸島、伊豆諸島南部以南、インド洋、西太平洋のサンゴ礁海域に分布する。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パイプウニの関連キーワードアカウニ棘皮動物サンショウウニジンガサウニバフンウニシラヒゲウニ(白鬚海胆)ナガウニ(長海胆)フクロウニ(袋海胆)ムラサキウニ(紫海胆)ラッパウニ(喇叭海胆)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone