パインアップル

食の医学館の解説

パインアップル

《栄養と働き&調理のポイント》


 パインアップルはブラジル原産で、コロンブスの西インド諸島探検の折に発見され、世界に広まったといわれます。名前の由来は松かさ(パイン)に似た形と、リンゴ(アップル)のような味からです。
○栄養成分としての働き
 パインアップルには糖質をエネルギーにかえるビタミンB1が比較的多く、老廃物を体内に残さないようにするクエン酸も含むので、疲労回復に効果があります。食物繊維が豊富で、便秘(べんぴ)解消にも役立ちます。
 パインアップルの特徴は、たんぱく質分解酵素プロメリンを含有する点です。プロメリンは消化を助ける作用があり、ガス発生などの改善に効果があります。プロメリンは60度以上の熱で失われてしまうので、缶詰にはこの効果はありません。
 また、パインアップルには、免疫力を強化するTNF(「バナナ」参照)という生理活性物質を増加させる働きが強いこともわかっており、感染症に効果が期待されます。
 パインアップルの果汁は底の部分にかたよっているので、葉のほうを下にして一晩おくと甘みが均一になります。ゼリーにする場合は、一度ゆでてプロメリンを破壊しないと、ゼリーがかたまりません。
○漢方的な働き
 発熱や暑気あたりで口がかわくとき、消化不良、腎炎(じんえん)、気管支炎に効果があるといわれています。

出典 小学館食の医学館について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android