コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パシュパティ パシュパティ Pashupati

2件 の用語解説(パシュパティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パシュパティ
パシュパティ
Pashupati

ネパール中央部,バグマチ地方のカトマンズ付近にあるヒンドゥー教の聖地。バグマチ川の渓流にのぞむ。パーシュパタ派の寺院を中心に多数の寺院や廟があり,河岸は数百mにわたって沐浴場となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

パシュパティ
パシュパティ
Paśupati

サンスクリット語で獣主の意。特にヒンドゥー教の一派であるシバ派の主神シバの異名とされる。インダス文明の遺跡からそれの原形と想定される像を刻んだ印章が発見されたことから,起源はきわめて古いと考えられ,インドの民俗的な宗教に求められたりする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパシュパティの言及

【インド神話】より

…さらに,世界を破壊するときに,恐ろしい黒い姿をとるので,マハーカーラMahākāla(大黒)と呼ばれる。彼はまたパシュパティ(獣主)とも呼ばれるので,後にパーシュパタ(獣主派)というシバ教の一派が形成された。シバの妃はパールバティーPārvatī(〈山の娘〉の意)である。…

※「パシュパティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パシュパティの関連キーワードサンスクリット劇サンスクリット語サンスクリット文学ジャヤデーバダウラギリプラークリット語ヒンドゥー古典サンスクリットサンスクリット化《サンスクリット文法》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone