パストゥール効果(英語表記)Pasteur effect

  • パストゥールコウカ

法則の辞典の解説

微生物や動物細胞において,の消費と乳酸生成が,十分な量の酸素供給によって阻害を受ける現象.嫌気性条件下では糖からピルビン酸までの解糖作用でエネルギーを得るが,好気的条件下では酸素が存在するためにピルビン酸がTCAサイクル二酸化炭素と水にまで分解され,はるかに大量のエネルギーが得られる.そのために糖の分解はわずかですむのである.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

L. Pasteur(パストゥール)によって発見された現象で,酸素の存在によって組織細胞の解糖が弱められることをいう.たとえば酵母は酸素の有無によって代謝系を変化させる.酵母は酸素が少ない条件下では,発酵を行ってエネルギーを得るが,通気を行うと発酵は停止し(エタノールの生成がやみ),酸素を電子受容体とする呼吸が行われ,多量の糖を分解して多量のエネルギーを得るようになり,それに伴って菌体数が急速に増加する.乳酸菌はシトクロム系呼吸酵素やトリカルボン酸サイクルをもたないので,この効果はみられない.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android