コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パトモス島 パトモスとうNísos Pátmos

2件 の用語解説(パトモス島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パトモス島
パトモスとう
Nísos Pátmos

ギリシア,エーゲ海南東部,ドデカニソス諸島北端の島。サモス島の南約 35kmに位置する。西に張り出した弧状の島で,東に半円をなすように小島が連なることから,先史時代に噴火した大火山が沈降してできたと考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

パトモス‐とう〔‐タウ〕【パトモス島】

Pátmosエーゲ海南東部のドデカネス諸島にある島。紀元95年に聖ヨハネがこの島に流刑され、神の啓示を受けて「黙示録」を書いたとされている。11世紀に聖ヨハネ修道院が造られ、その後修道院は要塞化されてヨハネの聖地を守っている。東方正教会の巡礼地の一つ。1999年に「パトモス島の神学者聖ヨハネ修道院と黙示録の洞窟の歴史地区(コーラ)」として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone