コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パパゴス Papagos, Alexandros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パパゴス
Papagos, Alexandros

[生]1883.10.9. アテネ
[没]1955.10.4. アテネ
ギリシアの軍人,政治家。ベルギーで軍人としての教育を受けたのちバルカン戦争 (1912~13) ,対トルコ戦争 (19~22) に参加。 1927年に少佐,35年には戦争相,メタクサス独裁期の 36年には陸軍参謀長をつとめた。 40年 10月のイタリア進撃に対しては,最高司令官としてイタリア軍をアルバニアに追いやることに成功するが,41年4月のドイツ軍の侵攻時には人質となり,43~45年強制収容所で過した。第2次世界大戦後の内戦では反共最高司令官として戦い,49年夏には陸軍元帥に昇進。 51年5月に軍を辞職し,8月にフランスのドゴールフランス国民連合をモデルにした政党「ギリシア集会」を結成。アメリカの圧力下で行われた 52年 11月の選挙で圧勝。 52~55年首相。彼の政権は戦争後の再建プロセスを遅らせたといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

パパゴス

生年月日:1883年12月9日
ギリシアの軍人,政治家
1955年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

パパゴスの関連キーワードカラマンリス生年月日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android