コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パパーニン

3件 の用語解説(パパーニンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

パパーニン

ソ連の科学者,北極探検家。数次にわたる北極探検を行い,1937年5月飛行機で流氷上に降りて観測基地を設け,そこで1938年2月まで観測を行った。その功により1938年,1940年の2度にわたりソ連邦英雄の称号を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パパーニン【Ivan Dmitrievich Papanin】

1894‐1986
ソ連邦の極地研究家。1918‐20年革命後の国内戦に参加。23‐32年逓信人民委員部勤務ののち,32‐33年,34‐35年,37‐38年北極地方での気象学・地球物理学的観測を主宰した。とくに3回目のものは,史上初めて流氷上のステーション〈北極(SP)〉‐1で行われたもので,北極海に関する貴重なデータを得たことで知られる。第2次大戦後はソ連邦科学アカデミー海洋学研究所副所長,内水産生物研究所所長などを歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パパーニン
ぱぱーにん
Иван Дмитриевич Папанин Ivan Dmitrievich Papanin
(1894―1986)

ソ連の北極探検家、科学者、提督。1931年、1932~1933年、1934~1935年、1937~1938年の北極探検と科学調査で優れた成果を収めた。とくに1937年の探検では、北極から20キロメートルの氷野に初めて飛行機での着陸に成功、ここを北極漂流ステーション第1号(NP‐1)とし、フョードロフなど3人のスタッフとともにこの流氷に乗って1938年2月グリーンランド東岸に至るまで科学的観測を行った。この功績により1938年、1940年の2回にわたってソ連邦英雄の称号を受け、レーニン勲章も授けられた。北極海における漂流する氷島上の長期科学観測は、第二次世界大戦後の1950~1960年代、アメリカとソ連によって盛んに行われた。北方航路総局長官などの要職を歴任し、主著に『氷島上の生活』(1938)がある。[半澤正男]
『押手敬訳『パパーニンの北極漂流日記――氷盤上の生活』(1979・東海大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パパーニンの関連キーワードアブダビイズベスチヤ極地ゴルバチョフソ連ソ連邦ロシア連邦国立極地研究所南ア連邦加納一郎

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone