パラティーノの丘(読み)パラティーノノオカ

デジタル大辞泉の解説

パラティーノ‐の‐おか〔‐をか〕【パラティーノの丘】

Monte Palatino》イタリアの首都ローマにある丘。ローマの七丘の一で、古代ローマの政治・経済・商業の中心地だったフォロロマーノの南に位置する。初代ローマ皇帝オクタビアヌスの宮殿をはじめ、帝政期に皇帝や貴族の宮殿が数多く建造された。パラティヌスの丘。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パラティーノの丘
ぱらてぃーののおか
Monte Palatino

イタリアの首都ローマにある七つの丘の一つ。古代ローマの政治・経済の中心地フォロ・ロマーノの南にあり、紀元前8世紀ごろの住居跡が残ることからローマ最古の地とされる。初代皇帝アウグストゥスが邸宅を設けたのを機に皇帝・貴族の宮殿が建てられるようになった。アウグストゥスのリウィアLiviaの家、アポロン神殿、競技場などの遺跡がみられ、眺望もよいことからローマ観光の対象となっている。[藤澤房俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android