コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラントロプス・エチオピクス ぱらんとろぷすえちおぴくすParanthropus aethiopicus

知恵蔵の解説

パラントロプス・エチオピクス

中期から後期の猿人たちのうちで、歯と顎が巨大な3種(頑丈型猿人)。生息年代は、それぞれ270万〜230万年前、180万〜150万年前、230万〜130万年前。エチオピクス(エチオピアの)はエチオピアとケニアで、ロブストス(頑丈な)は南アフリカで、ボイセイ(ボイスという人名)はケニア、タンザニア、エチオピアで出土。乾燥した草原で硬い植物を食べるために歯と顎が巨大に発達し、頭頂部には側頭筋が付くためのゴリラのような矢状稜があるが、脳容積や体の大きさはアウストラロピテクスと本質的に変わらない。彼らがヒト属の人類に進化した可能性はない、と考えられている。

(馬場悠男 国立科学博物館人類研究部長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android