コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パルスジェット pulse jet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パルスジェット
pulse jet

航空機用推進装置の一種。パイプ型の燃焼器の入口に振動弁を取り付け,間欠的に燃料を吹き込んで燃焼させる。パイプの長さ,振動弁の振動数を適切に調整すると,燃焼ガスの慣性によって膨張と圧縮が周期的に繰り返され,比較的低速でもある程度の熱効率をもつ推進装置ができる。パルスジェットは,熱効率が低く (燃料消費量が大きい) ,振動や騒音が大きいので,人の乗る航空機には使えないが,構造が非常に簡単なので,無人のミサイル標的機などの推進装置には使用できる。第2次世界大戦中ドイツがV-1号の推進装置に使用した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

パルスジェット

ジェットエンジンの一種。空気取入口後方に,逆止弁をもつ燃焼室を設け,高温の燃焼ガスをジェットパイプで噴出させる。飛行速度で流入した空気は逆止弁を開いて燃焼室に入り,ここで噴霧されている燃料と混合されて燃焼する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のパルスジェットの言及

【ジェット】より

…一方向に集中した細い流体の流れ。細い孔や管から連続的に流体を噴出させて作るが,間欠的なものをとくにパルスジェットpulse jetという。流速が速ければ運動量の流れが大きく,その反作用を利用して推進力を得るのがジェットエンジンである。…

※「パルスジェット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パルスジェットの関連キーワードラムジェットガスタービン航空原動機熱機関V兵器V1

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android