コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パルメ パルメ Palme, Olof

2件 の用語解説(パルメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パルメ
パルメ
Palme, Olof

[生]1927.1.30. ストックホルム
[没]1986.2.28. ストックホルム
スウェーデンの政治家。アメリカケニヨン大学とストックホルム大学卒業。 1952年社会民主労働党に入党。 56年上院議員。 63~69年無任所相,運輸通信相,教育文化相を歴任。 69年 10月党首と首相に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パルメ
ぱるめ
Olof Palme
(1927―1986)

スウェーデンの政治家。ストックホルム生まれ。ストックホルム大学、アメリカのオハイオ州立大学で法学を専攻。1949年社会民主労働者党に入党。学生運動の指導的役割を果たす。1954年首相エルランデルの個人秘書を務め、1957年から国会議員。1963~1965年顧問大臣。1965~1967年運輸相、1967~1969年教育相を経て、1969年エルランデルの後任として党議長および首相に就任。1968年教育相時代にはベトナム反戦デモに参加し、物議をかもした。1976年総選挙で核エネルギー開発反対を掲げる中央党を中心とする保守連合に敗退。1981年結成された国連の「軍縮と安全保障問題に関する独立委員会」(パルメ委員会)の委員長となる。同年(昭和56)末来日して広島を訪れた。1982年総選挙でふたたび政権に復帰。在任中の1986年2月28日深夜ストックホルムの路上で凶弾に倒れた。米ソに距離をおく中立主義の路線を堅持し、一貫して核軍縮国際平和を訴えた。[大島美穂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パルメの関連キーワードストックホルム・アピールストックホルム学派ストックホルム症候群ストックホルムシンドローム王立ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団ストックホルム室内管弦楽団ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団ストックホルムマラソンストックホルム会議《ストックホルム・パピルス》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パルメの関連情報