核軍縮(読み)かくぐんしゅく(英語表記)nuclear disarmament

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「核軍縮」の解説

核軍縮
かくぐんしゅく
nuclear disarmament

相互抑止の均衡を崩さないようにしながら核装備を制限,削減,全廃すること。ジュネーブにおけるアメリカと旧ソ連間の2国間交渉,国連総会やジュネーブの軍縮会議における多国間交渉,ヨーロッパ安全保障協力会議 (CSCE) におけるヨーロッパ諸国間交渉などで軍縮の努力がなされてきた。また,特定地域の非核地帯構想もその一環である。しかし現実には,軍縮よりも軍備管理という概念によって,均衡を維持しながら安全保障を確保する方策が採られてきた。 1987年 12月にはアメリカと旧ソ連間で INF全廃条約が調印され,史上初めて核兵器が削減される運びとなった。さらに 90年6月の両国首脳会談では,戦略核兵器削減に関する合意がなされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android