核軍縮(読み)カクグンシュク(英語表記)nuclear disarmament

デジタル大辞泉 「核軍縮」の意味・読み・例文・類語

かく‐ぐんしゅく【核軍縮】

核軍備廃絶を最終的な目標として、段階的に縮小削減していく国際的な取り組み。→核不拡散条約カットオフ条約FMCT) →START Ⅰ非核三原則 →包括的核実験禁止条約CTBT

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「核軍縮」の意味・わかりやすい解説

核軍縮
かくぐんしゅく
nuclear disarmament

相互抑止の均衡を崩さないようにしながら核装備を制限,削減,全廃すること。ジュネーブにおけるアメリカと旧ソ連間の2国間交渉,国連総会やジュネーブの軍縮会議における多国間交渉,ヨーロッパ安全保障協力会議 (CSCE) におけるヨーロッパ諸国間交渉などで軍縮の努力がなされてきた。また,特定地域の非核地帯構想もその一環である。しかし現実には,軍縮よりも軍備管理という概念によって,均衡を維持しながら安全保障を確保する方策が採られてきた。 1987年 12月にはアメリカと旧ソ連間で INF全廃条約が調印され,史上初めて核兵器が削減される運びとなった。さらに 90年6月の両国首脳会談では,戦略核兵器削減に関する合意がなされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「核軍縮」の意味・わかりやすい解説

核軍縮【かくぐんしゅく】

戦略兵器削減条約核戦略

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「核軍縮」の意味・わかりやすい解説

核軍縮
かくぐんしゅく

軍縮

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

激甚災害

地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。全国規模で災害そのものを指定する「激甚災害指定基準に...

激甚災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android