コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パワーセンター ぱわーせんたー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

パワーセンター

家電、衣料、玩具等の業種別に複数のカテゴリーキラーと呼ばれる大型ディスカウント専門店を集めたショッピングセンターを指す。スペシャリティある品揃えとリーズナブルな価格が特徴。都市郊外に出店することが多い。敷地面積の半分以上を、パワーセンターとなる店舗が占め、その他のスペースに専門店が出店。80年代後半からアメリカで普及したショッピングセンターの業態であるが、日本ではパワーセンターそのものが集客力を高めている。アウトレットストアオフプライスの店を集めた「アウトレットモール」と並んで、新しい業態の商圏として注目されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

パワー‐センター(power center)

安売り店が集まったショッピングセンター。米国で始まった新しい業態で、市街地から離れた土地の安い場所に立地し、車で訪れる消費者対象にしたものが主。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

パワーセンター

特定分野の商品に特化した大型のディスカウントストアを集積した商業施設のこと。 従来型のショッピングセンターが百貨店総合スーパーGMS)などの総合小売店舗を核店舗とするに対し、パワーセンターはカテゴリーキラー(リンク)と呼ばれる専門安売り店を核店舗とするのが特徴。 売場総面積が3万平方メートルを越え、そのうち核店舗が70%を占めることが目安とされる。一般に、広い駐車場を取り囲むように各店舗が隣接している形態が多い。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

パワーセンター【power center】

専門化された安売り店(カテゴリー-キラー)が集まったショッピング-センター。狭義には、売り場面積が3万平方メートル以上で、核となる店舗がそのうちの七割を占めるものをいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パワーセンター
power center

異なるディスカウント・ストアが集まって一つのショッピングセンター SCのような形態をとっているところ。百貨店やスーパーを核店舗とし,専門店や飲食店街を配した SCの建設が日本でも盛んに進められているが,アメリカでは SCの周辺にコバンザメのようにはりついたパワーセンターが高い成長力を示している。日本では現在のところ個々のディスカウント・ストアが力をつけつつある段階だが,スーパーがその集客力を利用するため系列のデベロッパーにパワーセンターの建設を企画させる事例も出るなど,徐々にパワーセンター形態が増えるとみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パワーセンター
ぱわーせんたー
power center

郊外立地のショッピング・センター(SC)で、ふつうのSCが大型百貨店やスーパーを核店舗に、その周辺に規模の小さな専門店、外食店群を配置するのに対し、専門店型安売り店(カテゴリーキラー)数社が集まってSCを形成する。売り場面積は3万平方メートル以上、中核となるカテゴリーキラーは5店以上が原則。アメリカにはシカゴのガーニーミルズなど全米に50か所以上もあるといわれる。日本では、肉・生鮮食品安売りのカウボーイなどを中心に1994年9~11月にかけて開業した、新潟県上越市の上越ウイングマーケットセンターが実質第1号。しかしその後は円安が進み、価格破壊が一段落してパワーセンターの建設は鈍化している。[阿部誉司文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

パワーセンターの関連キーワードワンストップサービス/ワンストップショップパワー・センター専門化狭義

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パワーセンターの関連情報