コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒオウギズイセン(桧扇水仙) ヒオウギズイセンCrocosmia aurea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒオウギズイセン(桧扇水仙)
ヒオウギズイセン
Crocosmia aurea

アヤメ科多年草南アフリカのインド洋沿岸地方の原産で,観賞用に栽培される。日本には明治年間に輸入されたが,今はまれである。高さ約 1m。地下に扁球形の根茎があり,側方に「つる枝」を出して繁殖する。葉は根生して2列に並び,幅約 2cmの剣状,下部は直立し上部は彎曲して垂れる。盛夏,葉心に1茎を出して分枝した穂状花序をつけ,20個内外の花を開く。花は橙黄色,漏斗状で径3~4cm,花筒は細長くやや彎曲し,6花被片は平開し倒披針形おしべは3本。花糸花柱とともに糸状で,花冠上に高く突出する。蒴果は円形で3室からなり凹頭。和名は葉がヒオウギ (檜扇) に,花がスイセン (水仙) に似ることによる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android