コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒゲナデシコ

百科事典マイペディアの解説

ヒゲナデシコ

ダイアンサス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒゲナデシコ
ひげなでしこ / 鬚撫子
[学]Dianthus barbatus L.

ナデシコ科。ヨーロッパ原産の多年草であるが、園芸上は秋または春播(ま)き一年草として取り扱う。花茎の先端に開く小花の萼(がく)、包葉が長く、ひげのようにみえるので名がついた。花が美しいのでビジョナデシコ(美女撫子)、また外来種であることからアメリカナデシコともいう。切り花や花壇用として古くから栽培される。切り花用には高性種、花壇用には矮性(わいせい)種が栽培される。切り花用品種には高さ50~60センチメートルで濃赤色や白色の石井早生(わせ)、旭光(きょっこう)などがある。花壇用品種には高さ約20センチメートルで、紅、桃、白、紫色や蛇の目などのインディアンカーペット、緋赤(ひせき)色花のプリンスウィリアムなどがある。栽培は容易で、耐寒性もあるが、日当り、通風のよい場所を好む。播種(はしゅ)は秋播きで9月上旬から中旬、春播きで3~4月中旬ころ、保温のできるフレームや室内で行う。降霜の多い地方では、霜よけをすると順調に生育し、開花も早められる。[金子勝巳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒゲナデシコの言及

【ナデシコ(撫子)】より

…小型でかわいらしい桃色の花をつけるものが多い。(4)ビジョナデシコD.barbatus L.(英名sweet William,bunch pink) (イラスト)ヒゲナデシコあるいはアメリカナデシコとも呼ばれ,多くの花が高さ30~70cmになる茎頂部に群がり咲く。ヨーロッパ南部から東部原産の多年草だが,栽培は二年草として扱われ,多くの品種があり,切花にもされる。…

※「ヒゲナデシコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒゲナデシコの関連キーワードヒゲナデシコ(鬚撫子)アメリカナデシコアメリカ撫子切り花