コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒダリマキマイマイ(左巻蝸牛) ヒダリマキマイマイ Enhadra quaesita

1件 の用語解説(ヒダリマキマイマイ(左巻蝸牛)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒダリマキマイマイ【ヒダリマキマイマイ(左巻蝸牛) Enhadra quaesita】

名のように殻が左巻きオナジマイマイ科の巻貝(イラスト)。殻は高さ3cm,幅4.5cmの大型のカタツムリ。約5回半巻き,殻の表面は平地にすむのは黄色でまわりに黒い帯があり,また下側のへそ穴のところも黒い。しかし,山地にすむのは黒褐色でまわりの黒い色帯の上下にも幅の広い色帯ができる。この型をチャイロヒダリマキマイマイE.q.montium,舳倉(へくら)島にすむ小さい個体はヘクラマイマイE.q.heguraensisという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のヒダリマキマイマイ(左巻蝸牛)の言及

【カタツムリ(蝸牛)】より

オナジマイマイ(イラスト)やウスカワマイマイ(イラスト)は全国に広く分布するが,都市や農耕地に多い。エゾマイマイ,サッポロマイマイは北海道,ムツヒダリマキマイマイ,オオタキマイマイは東北地方,ミスジマイマイ(イラスト),ヒダリマキマイマイは関東地方,クロイワマイマイは中部山地,ニシキマイマイやクチベニマイマイは近畿地方,セトウチマイマイ,サンインマイマイは中国地方,アワマイマイ,セトウチマイマイは四国地方,ツクシマイマイは九州地方,シュリマイマイは沖縄地方の代表的な種である。ヨーロッパでは食用カタツムリのエスカルゴが名高い。…

※「ヒダリマキマイマイ(左巻蝸牛)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒダリマキマイマイ(左巻蝸牛)の関連キーワードアフリカ舞舞今参隠しマイク舞舞毎毎舞舞螺雨仕舞同蝸牛左巻

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone