コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒポキサンチン hypoxanthine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒポキサンチン
hypoxanthine

プリン塩基の一種 (分子式 C5H4N4O ) 。核酸には転移 RNA中に微量しか含まれず,これから生じるヌクレオチドであるイノシン酸も生理的役割の重要さは低い。しかし核酸が分解して尿酸にいたるまでのおもな中間物質なので,遊離の状態で生物界に広く分布し,尿便中にも微量存在する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヒポキサンチン(hypoxanthine)

6-ヒドロキシプリン。核酸塩基類似物質。サルシン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒポキサンチンの言及

【プリン塩基】より

…生体中で核酸の構成成分,あるいは低分子化合物として機能する。アデニン,グアニン(少量存在するものとしてはヒポキサンチンおよびそのリボヌクレオシドであるイノシンなどがある)はピリミジン塩基(シトシン,チミン,ウラシル)とともに核酸の重要な構成成分である。アデニンはATP,NAD,FADなどの補酵素の構成成分でもある。…

※「ヒポキサンチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒポキサンチンの関連キーワードプリン(複素環式化合物)レッシュ‐ナイハン症候群キサンチンオキシダーゼアルバート コッセルリボヌクレオチドメルカプトプリンイノシン三リン酸アロプリノールヌクレオチドヌクレオシドプリン塩基キサンチン魚肉K値

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android