コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメイカ ヒメイカ Idiosepius pygmaeus paradoxus

2件 の用語解説(ヒメイカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメイカ
ヒメイカ
Idiosepius pygmaeus paradoxus

軟体動物門頭足綱ヒメイカ科。胴長 1.3cm,胴幅 0.7cmで,現生する頭足類中の最小種。外套膜は円筒状であるが,後端でせばまりとがる。後端近くに楕円形の鰭がある。腕は短くほぼ同長で,吸盤が2列に並ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメイカ
ひめいか / 姫烏賊
[学]Idiosepius pygmaeus paradoxus

軟体動物門頭足綱ヒメイカ科のイカ。世界最小のイカで、北海道南部から瀬戸内海、韓国の内湾のアジモや海藻の間にすむ。外套(がいとう)長16ミリメートル、外套幅7ミリメートルに達し、円筒形で、先端よりすこし前に小さいひれが1対ある。また、背面の後方には粘液を分泌するところがあって、その部分で海藻に付着する。腕は短く、触腕はその2倍ぐらいある。外套の中に甲(貝殻)を欠く。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒメイカの関連キーワード頭足類軟体動物ヤリイカ擬軟体動物象水母大王烏賊軟体類イカ(烏賊)ヒメイカ(姫烏賊)ボルボルテラ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒメイカの関連情報