コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメイカ Idiosepius pygmaeus paradoxus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメイカ
Idiosepius pygmaeus paradoxus

軟体動物門頭足綱ヒメイカ科。胴長 1.3cm,胴幅 0.7cmで,現生する頭足類中の最小種。外套膜は円筒状であるが,後端でせばまりとがる。後端近くに楕円形の鰭がある。腕は短くほぼ同長で,吸盤が2列に並ぶ。触腕は他の腕の2倍ぐらいの長さで,雄の左右の腹腕は交接腕になる。石灰質の甲はない。体色黒褐色から灰白色に変化し,外套の背面後部は粘液を多く分泌し,ここで海藻などに粘着する。北海道南部から瀬戸内海内湾アマモなどの間にすむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメイカ
ひめいか / 姫烏賊
[学]Idiosepius pygmaeus paradoxus

軟体動物門頭足綱ヒメイカ科のイカ。世界最小のイカで、北海道南部から瀬戸内海、韓国の内湾のアジモや海藻の間にすむ。外套(がいとう)長16ミリメートル、外套幅7ミリメートルに達し、円筒形で、先端よりすこし前に小さいひれが1対ある。また、背面の後方には粘液を分泌するところがあって、その部分で海藻に付着する。腕は短く、触腕はその2倍ぐらいある。外套の中に甲(貝殻)を欠く。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒメイカの関連キーワードヒメイカ(姫烏賊)イカ(烏賊)イカリソウ姫烏賊烏賊

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒメイカの関連情報