コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメスギカミキリ Palaeocallidium rufipenne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメスギカミキリ
Palaeocallidium rufipenne

鞘翅目カミキリムシ科。体長6~13mm。体は扁平,黒色で,腹部は赤褐色,第2節以下の触角とは暗赤褐色である。上翅は粗面で,雌では全面赤褐色,雄では藍色もしくは基部のみ赤褐色である。肢の腿節は基部が細く,先半は強く肥大する。スギやヒノキの害虫で,幼虫はその皮下を食害する。北海道,本州,四国,九州,台湾,サハリン,朝鮮に分布し,成虫は春から夏にかけて普通にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメスギカミキリ
ひめすぎかみきり / 姫杉天牛
[学]Palaeocallidium rufipenne

昆虫綱甲虫目カミキリムシ科に属する昆虫。日本各地に分布するほか、朝鮮半島、樺太(からふと)(サハリン)、琉球(りゅうきゅう)諸島、台湾にも産するスギやヒノキの害虫。体長7~12ミリ。体はやや長く、平たくて黒色でかすかに藍(あい)色を帯びるが、変化があり、大部分が赤褐色のものもあり、上ばねの大部分あるいは肩部だけ赤いものもある。腹部は赤褐色。成虫は3、4月ごろから現れ、スギの材などに集まる。成虫で越冬するが、北方では幼虫で冬を越す。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒメスギカミキリの言及

【カミキリムシ】より

…胸脚を欠くものが少なくない。イチジクにつくキボシカミキリ,ミカン類につくゴマダラカミキリ,タケ類につくベニカミキリ,スギ類につくスギカミキリやヒメスギカミキリ,キク類の茎に潜るキクスイカミキリなど著名な害虫が多い。琉球諸島ではイエカミキリの幼虫が家屋に被害を与えている。…

※「ヒメスギカミキリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒメスギカミキリの関連キーワードスギカミキリ

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android