コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメスギカミキリ ヒメスギカミキリ Palaeocallidium rufipenne

2件 の用語解説(ヒメスギカミキリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメスギカミキリ
ヒメスギカミキリ
Palaeocallidium rufipenne

鞘翅目カミキリムシ科。体長6~13mm。体は扁平,黒色で,腹部は赤褐色,第2節以下の触角と肢は暗赤褐色である。上翅は粗面で,雌では全面赤褐色,雄では藍色もしくは基部のみ赤褐色である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメスギカミキリ
ひめすぎかみきり / 姫杉天牛
[学]Palaeocallidium rufipenne

昆虫綱甲虫目カミキリムシ科に属する昆虫。日本各地に分布するほか、朝鮮半島、樺太(からふと)(サハリン)、琉球(りゅうきゅう)諸島、台湾にも産するスギやヒノキの害虫。体長7~12ミリ。体はやや長く、平たくて黒色でかすかに藍(あい)色を帯びるが、変化があり、大部分が赤褐色のものもあり、上ばねの大部分あるいは肩部だけ赤いものもある。腹部は赤褐色。成虫は3、4月ごろから現れ、スギの材などに集まる。成虫で越冬するが、北方では幼虫で冬を越す。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒメスギカミキリの言及

【カミキリムシ】より

…胸脚を欠くものが少なくない。イチジクにつくキボシカミキリ,ミカン類につくゴマダラカミキリ,タケ類につくベニカミキリ,スギ類につくスギカミキリやヒメスギカミキリ,キク類の茎に潜るキクスイカミキリなど著名な害虫が多い。琉球諸島ではイエカミキリの幼虫が家屋に被害を与えている。…

※「ヒメスギカミキリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒメスギカミキリの関連キーワードシロスジカミキリトラカミキリトラフカミキリ菊吸天牛杉天牛天牛擬天牛黒天牛虎天牛花天牛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone