コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒョウホンムシ ヒョウホンムシ Ptinidae; spider beetle

2件 の用語解説(ヒョウホンムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒョウホンムシ
ヒョウホンムシ
Ptinidae; spider beetle

鞘翅目ヒョウホンムシ科の昆虫の総称。体長2~5mm。体は卵形または円筒形で,一見小型のカミキリムシに似る。頭部と前胸背は上翅よりはるかに幅が狭い。触角は糸状またはじゅず状で 11節から成り,相接して生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒョウホンムシ
ひょうほんむし / 標本虫
spider beetles

昆虫綱甲虫目ヒョウホンムシ科Ptinidaeに属する昆虫の総称。世界各地に分布して約700種が知られており、日本では7種の記録がある。体長2~5ミリぐらいの小甲虫。普通、黄褐色ないし黒褐色で体表は毛に覆われ、ナガヒョウホンムシのように前胸背部に縦の黄色い毛塊をもつものや、上ばねの前後に白い鱗毛(りんもう)の斑紋(はんもん)をもつものもある。頭は下向きで前胸は後体部より幅が狭く、脚(あし)が長くてクモに似た外見をもつ。触角は糸状が普通で、脚(あし)(ふせつ)は五節である。乾燥した動植物質を食べ、貯蔵穀類の害虫としてあげられるものもあり、名のように各種の標本を害するとされる種もあるが、実際の例はむしろ少ない。海外ではタバコの乾燥葉にみいだされる種もある。日本では背部が強く膨れて光沢のある褐色種セマルヒョウホンムシ、ひょうたん形のカバイロヒョウホンムシ、細形のナガヒョウホンムシなどがよく知られ、最後の種の仲間は雄の上ばねが両側平行であるのに雌では丸みをもつ。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒョウホンムシの関連キーワード地虫牙虫死番虫鍋蓋虫歩行虫椿象塵芥虫挙尾虫長椿象標本虫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone