コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラコテリウム

百科事典マイペディアの解説

ヒラコテリウム

エオヒップスとも。最も古くて原始的なウマの先祖。始新世初期の北米,ヨーロッパに生息。肩高30cmほど。軽快で,駆けるのに適した四肢,湾曲した背中,前後に長くて低い頭骨などを特徴とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒラコテリウム【Hyracotherium】

奇蹄目ウマ科の絶滅哺乳類。奇蹄類の先祖型で,ウマの最も古いものにあたるとされ,体長45cm。小犬ぐらいの大きさの小型の有蹄類である。ヨーロッパおよび北アメリカの始新世初期の地層から化石が発見されている。1840年に,ロンドン粘土層から発見されたこの化石に,R.オーエンは,ハイラックスに似たけものたち(テリウム)という意味のこの名をつけた。その後,アメリカの古生物学者のO.C.マーシュは,現生のウマとヒラコテリウムの中間型の化石があることを知り,はじまりのウマという意味のエオヒップスEohippusを用いたが,命名規約上ヒラコテリウムに先取権がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ヒラコテリウム【Hyracotherium】

ウマ科の化石獣。体長45センチメートルほど。足は比較的短く、前足に四指、後足に三指がある。現代のウマの祖先に近いと考えられる。始新世に北アメリカに生存。エオヒップス。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラコテリウム

エオヒップス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒラコテリウム
ひらこてりうむ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヒラコテリウムの言及

【ウマ(馬)】より

…【今泉 吉典】【正田 陽一】
【ウマの進化】
 ウマを含む奇蹄類は,暁新世の髁節(かせつ)目(古型の有蹄類)のフェナコドンの仲間を先祖型とする。次の始新世前期には,それらの仲間からウマ科が出現し,北アメリカにいた小イヌくらいの大きさのヒラコテリウムがその代表とされる(図)(イラスト)。ヒラコテリウムから現在のウマに至る進化の過程は,北アメリカで発見された多種多様の化石ウマから明らかにされてきたが,以前に考えられていたように単純なものではない。…

※「ヒラコテリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒラコテリウムの関連キーワードメソヒップス後足

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android